横浜の夜勤専従看護師blog



痛みは薬だけでは完全に取る事は出来ない!患者さんの悩みや辛さを共感して傍にいる事、体をさすってあげる事もで痛みが緩和する事は良くある。

患者さんは、病気によって様々な痛みを感じていますよね(;´Д`A

痛みは、生活をする上でとても不快感があり、痛みの程度によっては、普通の生活を送ることが不可能になることもあります。

痛みによりADLが低下したり、食事量が低下したりすることを予防するため、痛みのコントロールはとても大事なことですよね。

しかし、薬で痛みを全く感じなくするというのはなかなか難しいことなんです( ;´Д`)

痛みの軽減は出来ても、完全に痛みを取るほど薬を使うとなると、眠気が強くなり、逆にADLの低下につながってしまいます。

人の痛みは、実際にどの程度の痛みなのか他人が知ることは、非常に難しいですよね。

医療従事者において、そのくらいの痛みなら我慢出来るだろうといった安易な判断はいけませんね(´・Д・)」

やはり、患者さん本人の訴えをもとに、痛みの程度を理解し、いくらでも痛みを軽減する努力が必要になります。

薬だけで痛みを完全に取り除くことが難しい場合、患者さんの精神面からのフォローも必要になると思いますよ。

人は、気持ちの在り方によっても、痛みの感じ方が変わってきますよね(´・Д・)」

やはり、精神的に落ち込んだ状態であったりすると、痛みもより強く感じます。

また、逆に気持ちが安定していたり、安心感を感じている時は、痛みも軽減されます。

だから、薬だけに頼るのではなく、精神的なアプローチによる痛みの緩和も大切ですね(*^_^*)

例えば、患者さんの傍らで、患者さんの悩みを聞いたり、話を聞くことも痛みの緩和につながります。

辛さやを共感してもらうことで、患者さんは、理解してもらえたことによる安心感があります(^o^)

また、体をさすってあげることも、痛みの緩和につながるんですよね。

子供の頃、お腹が痛い時にお母さんにお腹をさすってもらうと治ったという経験ないですか?

手当てという言葉があるように、手を当てることでも痛みが軽減することがあるんですよね(-_^)

それは、やはり手でさすってもらうことによる安心感からくる痛みの緩和なんでしょうね。

薬だけで取り除くことのできない痛みも、そういったケアで痛みの緩和をはかることが大切ですね(*´艸`*)

2014年5月26日|

看護師はイメージ以上に過酷な仕事です。ただの憧れだけでは務まりませんね・・・(T_T)

看護師は、子供たちからも将来なりたい職業のBest3に入る、憧れの職業ですよね(*^_^*)

女性ながらに高収入を得ることができ、社会的身分としても十分に認められる職業です。

女性が自立して生活をすることが出来る職業って数少ないと思いますが、大卒の男性にも引けを取らない収入が得られる看護師は、とても魅力があるんですよね(-_^)

また、看護師といったら「白衣の天使」と呼ばれ、ナイチンゲールのような女性に憧れる人たちも多いですね\(//∇//)\

高収入、自立した生活、憧れの眼差し、そんな事が手に入る職業ですが、実際働いてみると、そんな夢のような仕事ではないことが現実として突きつけられます。

看護師の仕事は、汚い仕事が多いですし、体力的にもハードです。
人の命に関わる仕事で、人の死と直面することも精神的にハードなことですね( ;´Д`)

責任の重い仕事ですから、常に気を張っていなければなりません。

時間が不規則だから、体を壊しやすいし、冷え性になりやすく、生理不順や、不妊症といった女性特有の悩みをもつ人も少なくありません。

また、そんなハードな職場ですから人間関係もキツイところが多いですよね(;´Д`A

人間関係が悪く、ストレスから体調を崩すナースもいます。

結婚をして家庭を持つと、仕事と家庭の両立は難しく、看護師を続けていくことを諦めざるを得ないこともあります。

看護師に憧れる女性は多くいますが、実際に働いてみると思った以上に過酷で、厳しい現実に挫折してしまうナースが多い現状があるんですね...( ;´Д`)看護師転職サイトに調査してもらうといいですね。

看護師の仕事を続けることは、女性として自立した生活を続けることができる非常に魅力のあることですが、過酷な現状を受け入れることが出来なければ務まりませんね(T ^ T)

2014年5月 6日|

循環器は急変やステルベンが多い・・・たまにすごーく精神的に病んでしまいます。

私は循環器の看護師になりたくて、自ら希望して循環器病棟に勤めています。

せっかく看護師の仕事をするなら、スキルアップ出来る仕事の方がいいですし、スピード感のある仕事の方が自分には向いていると思うからです。


循環器は急性期病院なので、仕事はとてもハードです。
朝から、オペ出しやオペ迎え、検索も多く、処置やオペ後観察など走り回ってますね。

重症度の高い病棟ですから、とにかく急変やステルベンが多くて、気が抜けません。

心臓に病気を抱える患者さんは、突然何が起きるかわかりませんから、モニターもしっかり監視していなくてはいけませんね。


さっきまで元気だったのに...という患者さんの突然の死など、いくら看護師を長年続けていても、なかなか受け入れがたい事です。

患者さんご家族は、それ以上の辛さがありますね。

私たち看護師は、患者さんのこころのケアだけでなく、ご家族様の心のケアにも心がけています。


しかし、そんないつでも気が抜けない日々に、時々精神的につらくなり病む事がありますね。

私は以前にも、人間関係の辛さから鬱病になったことがあります。

鬱病は本当につらいものでした。

しばらく常勤の仕事から離れ、職場を離れ環境が良くなった事で改善しましたが、ドクターからはあまりストレスを溜めないようにと言われました。

しかし、ストレスは溜めたくて溜めているわけではありません。

気づけばストレスが溜まっていて、体調が悪くなっている...という事が多いのです。

でも、看護師としてしっかり働くためには、自分の体調管理も大切です。

ストレスを溜めないよう日々気をつけていますよ。

やはり、人の命に関わる仕事ですから、自分の健康があってこそだなぁ...と感じています(^ ^)

2014年5月 5日|

どのくらいの時給だったら「高給」って思えますか?私は1800円以上の職場が希望です!(^^)!

看護師の仕事はハードで不規則なだけに、給料はかなり恵まれていますよね。
精神的にも肉体的にも大変だし、危険を伴う仕事でもあるので、当然なのかもしれません。
でも、その給料も、地域によって差がありますよね。
やっぱり都心は時給も高い傾向にあります。
正看護師の時給が1800円以上の職場は、かなりの高給ですよね。
しかし、地方の場合、同じ正看護師でも、時給が1000円や1200円のところが多いんです。
これだけ時給が違うと月に換算するとかなりの違いがでてきます。

どの地域でも、病院勤務に比べると、介護系の職場というのは時給が安いですよね。
地方だと、介護系の職場の場合、時給が1000円というのが相場なんですよ。
かなり安いですよね。
この時給だったら、看護師以外の職種と変わらない気がします。
でも、安い時給だと思っていても、一般のパートの時給が700円位だそうですから、それに比べれば、
やっぱり看護師の時給は高いとは思いますが。

でも、同じように看護師を仕事をしているのに、都心と地方とで時給の差があるのは、何だか納得がいかないですよね。
地方のほうが、家賃などの物価が安い事は分かるんですけど、時給の差ほど安いわけではないと思うんです。

皆さんは、どのくらいの時給だったら高給だと思えますか?
人それぞれ基準が違うかもしれないんですけど、私は、時給が1800円以上の職場だったらすごく嬉しいですね。
高い時給の職場というのは、それなりに業務内容もハードだと思います。
でも、時給が高いと、仕事を頑張ろうという気持ちにもなりますよね。
大変な仕事だとしても、高給だと言う事だけで仕事へのやり甲斐に繋がって、頑張って働く事ができると思うんです。

2014年4月27日|

週5日のフルパートって辛いですよね?パートと常勤のメリットとデメリットを教えて!

同じパートでも、フルパートというのは常勤と同じ勤務時間で働く事になりますから、
パート気分で考えているとかなり辛いと思います。
フルパートは、勤務時間がハードなだけに、パートに比べると時給は優遇されています。
それに、同じ勤務時間で働くにしても、常勤のように責任の重い仕事を任される事がありませんから、精神的に楽です。
しかし、フルパートの場合、いくら常勤と同じような勤務形態でも、年収にかなりの差がでます。
フルパートは福利厚生が劣っていますし、ボーナスもありません。
ボーナスが出る職場もありますが、常勤に比べると安い金額です。
それに、フルパートは退職金がほとんど出ませんから、長く働く事についてのメリットがありません。

常勤で働く場合は、フルパートとは違い、責任感が強いられます。
残業や夜勤はもちろんありますし、精神的にも肉体的にも負担が大きい働き方です。
しかし、その分給料や福利厚生の面ではかなり恵まれています。
看護師バイトと違って常勤で働いていると、有給休暇を使う事ができます。
病気で休んだ時など、有給に振り替えれば、給料が減ってしまう心配はありません。
それに、育児休暇など、いろいろな休暇がありますし、病気で長期休暇をする場合にも、社会保険で給料の何割かが保証されます。
最も大きなメリットは、ボーナスや退職金がある事です。
ボーナスがあるのとないのとでは、年収に換算すると大きく違いがでます。
それに、退職金がでるのは、長く働く上でメリットがあります。

フルパートにしても常勤にしても、メリットとデメリットがあります。
結婚や出産などで生活環境は大きく変わりますから、その時の自分のライススタイルに合わせて、上手に選択する事が大切です。

2014年4月27日|

ママさんナースが多い職場ってどこかな?みなさんはどんな職場で働いていますか?

ママさんナースが沢山働いているかどうかで、その職場の子育て環境ってわかりますよね。
私が以前働いていた病院は、仕事がすごくハードだったんです。
常にスタッフが不足していたという事も、忙しかった理由の1つだと思うんですけど、忙しいのでスタッフの入れ替わりも激しくて、
何だか悪循環でしたよね。
スタッフが少ないから、毎日の残業は当たり前だったし、夜勤の回数も多かったんです。
そんな職場だから、ママさんナースが働ける訳ありません。
だから、ママさんナースは1人もいませんでしたよ。
皆さん、結婚を期に辞めていくか、結婚後も仕事を続けていたとしても、家庭との両立が難しいので、すぐに退職していきましたね。

その病院には、育児時間制度や育児短時間制度など、子育ての制度があったんですよ。
でも、上司が子育てに理解がなかったせいか、申請してもなかなか取得できないような環境でした。
そのような職場では、子育てを協力してくれる家族がいなかったら、まず仕事を続ける事はできませんよね。

総合病院の病棟などでは、ママさんナースはあまり働いていないと思います。
やっぱり、忙しい職場だと、子育てとの両立は難しいですよね。
同じ総合病院でも、外来のパートであれば、夜勤がなく残業も少ないので、病棟勤務から異動するママさんナースもいるようです。

多くのママさんナースが働いているのは、介護系の職場だと思いますね。
介護系の職場というのは、病院に比べると残業が少なくて、休みも多いんですよね。
落ち着いて仕事ができる環境なので、子育てと仕事の両立がしやすいのが良くわかります。
子育てに理解があって、子育てを優先できる職場には、ママさんナースが集まっていますよね。

2014年4月27日|